2018-09-11

白湯日和 〜 森カフェ・いわて森フェスタ in 小岩井農場 〜

急に秋めいた雨の日曜日、いわて森フェスタin小岩井農場にて、【森カフェ】で出店してきました。

まきば園にあるSLの向こうの牧草地帯、普段は柵がしてあって入れないのですが、この日だけは自由に散策できるという貴重な日。

森のくまさんがご案内!

遠くからでもツヤツヤ目立っていた、絵に描いたような真っ赤なキノコ発見。作りものみたい!

100年の森!こんなにもまっすぐに。

ネイチャーガイドのこうさんと一緒に、100年以上かけて育ててきた森のいろんなお話を聞きながら歩くのは、とっても楽しい&勉強になります。まきば園は、小岩井農場の敷地の1/100とか!

秘密基地のような森エリア!

こんなにも素敵なところで【森カフェ】!雨につき、午前中限定オープン!初の屋外へ。

今回は、七輪と火鉢で白湯を。6Lも沸かせる巨大鉄瓶も参戦!

ちなみに、このサイズ!部活のマネージャーさんが持ってる巨大ヤカンみたいな。

炭×鉄瓶=贅沢な白湯!で淹れたコーヒーを。六月の鹿さんの豆にて。

森で白湯をお振る舞い。雨で肌寒いけど、白湯が温めてくれました。

火鉢に鉄瓶が、まるでお湯に浸かっているみたいですが、これは私が五徳を忘れた為(笑)

(五徳とは、炭火などの上に設置し、鉄瓶などをかける道具)

急遽、レンガを拝借して、何とかなりました。

サワガニが、まさに今、出産しています!!!お腹の茶色いのは、みんな生まれたての子ガニ!

子ガニがー!

コケ玉づくりで出店、Seven Forest Projectの徳田さん。今回は雨で中止になってしまいましたが、奥様は森ヨガの先生です。

苔って、色々な種類があるんですね。

やさしく、まあるく。

沢にかかった丸太の上でヨガのポーズ。絵になるー!

空中に浮いています!すごい!

まきば会場では、ツリークライミング、チェーンソー競技実演、チェーンソーアートパフォーマンス、いわての木を使った積み木で木育体験・・・等、森の楽しい、美味しい、かっこいいこと・ものが集合。

他に、山で伐採した木材を馬で運搬する、環境に優しい馬搬文化の継承に取り組んでいらっしゃる、遠野の岩間さんが、小岩井のお馬さんで馬搬の実演も。

諸々、雨の中の撤収作業で見られず。残念でした・・・

鉄瓶を作るためには、鉄、砂、森が必要。川や鉱山、山や森からの恩恵を受けてつくられます。

そんなことを考えながら、雨ニモマケズ、森と屋外での鉄瓶を満喫した貴重な日となりました。

雨の中、お越しくださった方、お世話になった皆様、ありがとうございました。

この記事を書いた人 :

関連記事