2018-07-09

白湯日和 ~ 白湯で朝活デビュー 〜

七夕、そして小暑の雨の朝、いつもより早起き。

盛岡のブックカフェ兼ワークスペース「pono books & time」店長の小山さん&kanakenoプロジェクトメンバー高橋による共催イベント、【ponoな朝活~鉄瓶で入れた白湯を楽しむ~】へ。

朝活デビューしてきました!

春から入社の私は、まだまだ白湯初心者。色々な方の鉄瓶Lifeに触れられそうなのも、楽しみで。

カンパーイ!!

まずは、鉄瓶白湯を、真剣に味わって。

コーヒーケトル白湯と比べてみる。

「わー!全然違う!」と、なかなかの反応。

高橋持参のmy鉄瓶は、家族から受け継がれ、いい感じに育っています!

今回使用した水は、水道水。

湧水やミネラルウォーターに詳しい方曰く、盛岡市内の湧水も、汲む場所によって味が違うという話!

茶道では、炭で沸かした白湯を使うと美味しすぎるという話も!

今回は、アレンジ白湯にも挑戦。

高橋の自家製 梅シロップ、大好評!+はちみつ+しょうがもいい感じ!

変わり種、オリーブオイル、ローズソルトまで!

高橋邸から採取された、ワイルドなミントも、爽やか。

色々な鉄瓶を前に、持ち手の「弦」が熱くなるのとならないものは、どう違うのか、触って実感したり。

重さが違う理由を踏まえ、目の前の鉄瓶を持って比べてみたり。

my鉄瓶ご持参の方の、鉄瓶の状態や、お手入れの話を、その場で解決も。

台湾から帰国ほやほやの店長小山さん、台湾からのお茶を鉄瓶白湯でお振る舞い。味と香りにも癒されて。

台湾で今、盛岡がタウン誌で特集されているらしい、とか、中国語の話題で盛り上がったり、

歴史や作り方など、鉄瓶職人の石杜が語ったりも。

何より、鉄瓶にアツイ男子も多いのだなあと。

鉄瓶で白湯を注ぐ度、「鉄瓶男子~!」「白湯王子~!」と、また別の意味で盛り上がり、今度はこれもしたい、とリクエストも次々と。

皆さんのワクワクが化学反応、あっという間の2時間でした。

途中でお仕事へ向かう方へは「行ってらっしゃい!」

そんなスタートの朝も、何だか良いなあ。

気温は低くても、朝から温まる、朝活デビューでした。

 

この記事を書いた人 :

関連記事