2018-08-22

白湯日和〜コレクター堀間様邸訪問・後編〜

先日、南部鉄瓶コレクターとして知られる、堀間重仁様邸へ、南部鉄器組合青年部のみなさんの研修に混じり、お邪魔させて頂きました!

こちらは、後編。

 

鉄瓶の持ち手の部分「鉉(つる)」って、専門の職人さんが居て、どこの工房でもお願いして作って頂いているんですよ!ご存知でしたか?

鉉職人、田中鉉工房の菊池翔さん。

ご本人による解説。実際編み込んで作っている、とか、技術の裏話に驚き!

 

鉄瓶の図。手書きされた筆の質感や図柄の美しさに、いくら眺めて居ても飽きませんでした!

 

愛用の鉄瓶で沸かした白湯で、丁寧に淹れてくださった黒茶、優しいお味で、美味しかったです。

未来の巨匠たちへのエールかなと、暖かい気持ちになりました。

良いもの、古のものに触れ、工房の垣根を超えた、貴重な機会でした。

 

この記事を書いた人 :

関連記事