2018-07-17

白湯日和 〜コレクター堀間様邸訪問・前編〜

いきなりの暑さに参りそうだった先月某日。

南部鉄瓶コレクターとして知られる、堀間重仁様邸へ、

南部鉄器組合青年部のみなさんの研修に混じり、お邪魔させて頂きました!

所狭しと、3部屋に並びきらないほどの、鉄瓶・茶釜等の数に圧倒!!!!!

 

工房の垣根を超えて、鉄瓶の話ができるって、良いなと。

 

作者不詳のものでも美しいものがありすぎて。

個人的に一番衝撃的だったのは、こちら↓

【作者不詳 / 桜花透かし亀文様鉄瓶】

使い古してこうなったのではなく、透かしの下に亀が何匹も!

 

【高橋萬治コーナー】

小泉仁左衛門の弟子、独立の際「萬治」の名を授かり、代々襲名したとか。

【焼き鏝 / 卍印】

卍型の外枠丸の切れ込み、2代目は2箇所、3代目は3箇所だとか!

 

獅子に牡丹。獅子のお顔が、なんとも可愛らしくて。

でも肝心の作者を確認し忘れました・・・

 

【藤田孝保】

松の枝ぶりが立派!繊細な描写が素晴らしい。

隣は、馬産地ならでは。躍動感あふれる馬が跳ね回っています!

 

【宮権次郎】

山に囲まれた水辺の風景が、独創的!

 

堀間様が長年収集した名品を、次世代を担う職人さんたちに見てもらい、

新しい作品への糧にしてもらいたい、というアツい激励の気持ちが、伝わりました。

知らないことだらけでも、いろんな鉄瓶や歴史を垣間見れたことが、今回の収穫。

先人の伝統と技と心意気。

職人さん達の未来にも、期待。

貴重な機会に感謝です。

 

この記事を書いた人 :

関連記事