2018-05-16

旅する鉄瓶 in 小岩井里帰り編

こんにちは。旅するデザイナーヨハクデザインです。

本日の鉄瓶は「久々の里帰り」。
小岩井にある田山鐵瓶工房さんに、鉄瓶片手にお邪魔してきました。

鉄瓶ができるまでの工程を教えていただいたのですが、デザインをしてから、鋳型を作る段階ひとつとっても、雫石川の砂を粒子の粗さによって使い分けるなど、見て触って覚える職人の世界。

工程のこまやかさに気が遠くなる思いでした。
そんな工程を経た鉄瓶をお借りしてるんだなあ。

以前LINE@でもコンシェルジュに見てもらったのですが、今回改めて代表の田山さんに内側の変化を見てもらい、問題ないことが確認できたので、これからもいろんなまちで白湯を振る舞いたいと思います。

わたしが旅に連れていっているのは現在販売している「さくらふぶき」のプロトタイプなので、販売はされていないのですが、震災を忘れないでほしい、というデザイナーさんの気持ちが込められた鉄瓶、改めて多くの人に知ってもらいたいと思います。

この記事を書いた人 :

関連記事